「 月別アーカイブ:2015年03月 」 一覧

エラが大きくならないためにすること

アメリカのメジャーリーグの 選手たちが試合中に 良くガムを噛んでいます。 あれはリラックスするためだ という話を聞きました。 脳の中で聴覚や視覚が 影響を受ける部分が扁桃体 噛む筋肉の中心となるのは …

アゴの歪みを自分で治す

今日の小顔作りセルフケアは 顎の歪みを改善する方法です。 小顔づくりで障害になるのが 顔の歪みです。 とくに、歪みやすいのは下顎骨(下顎の骨)です。 ほかの骨に比べて動く範囲が大きく ほほづえやうつぶ …

鼻を高くする

整形手術ではないので もちろん限界はありますが 今のイメージを変えることができます。 顔の骨は頭の骨と比べて 結構細かい以下骨の寄せ集めです。 鼻もそうです。 ですから小さな力で十分です。 無理なくゆ …

ほほ骨をひっこめる

小顔矯正の中でも リクエストが多い ほほ骨をひっこめるセルフケアを お伝えいたします。 ほほ骨は比較的動きやすい骨です。 ですから、あまり強くしないでください。 ゆっくり小さな力でも動きます。 むしろ …

えらをすっきり

エラを小さくすっきり

前から見たときに 大顔に見えるポイントは えらの部分です。 ここが張ってくると いかつい感じになり 小顔矯正に来られる方の 変えたい部分のトップです。 奥歯をかみしめる癖をなおないと なかなか改善しま …

エラを小さくするセルフケア

正面から見たときに一番目に入るのは 顔の正面です。 この部分が腫れぼったかったら 全体のイメージが大顔に見えます。 せっかく小顔を手に入れようとしているのに それはとってももったいないことです。 今日 …

頭のコリを取ってしわを伸ばす

小顔を作るためにその2 頭のコリを取ってリンパを流すセルフケアです。 頭が固いと(中身ではなく頭皮) どうしても血液やリンパの流れが滞りがちになります。 今日は指でかき上げる動作と 頭皮のマッサージを …

フェイスラインをシャープにする方法

今日から小顔づくりに役立つ セルフケアをシリーズでお伝えいたします。 小顔を作るうえで大切なことは 老廃物の排泄経路をまず確保することです。 お顔にしても体にしても 血液とリンパの循環を促進をしていく …